遺言執行者

遺言書にて相続の意思表示をしても、誰かがその手続きを実行しないと個人の遺志が形になりません。

遺言書で、あらかじめ書いた内容を確実に実行してもらう人を決めておくことが出来ます。

これが「遺言執行者」です。

特に、遺族が遠方にいる場合や、高齢の方や未成年者しかいない場合、

相続人にはなるべく手間を掛けたくないような場合には、あらかじめ遺言執行者を定めておくことをお勧めいたします。

相続人の誰かを遺言執行者に指定することも可能です、

弁護士・税理士・行政書士などの法律家や法人も遺言執行者になることが出来ます。

行政書士の遺言執行者就任は、通常最低でも30万円程の手数料がかかります。

当事務所で作成をサポートさせていただいた遺言書の遺言執行者就任につきましては、通常よりも割引をした料金で遺言執行を行わせていただきますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です